通水検査のススメと検査後の話

マールの秘密基地へようこそ!

私の妊活の歴史で一番の試練は、通水検査でした。卵管造影検査の方がメジャーですかね?
私が通ってたクリニックは不妊治療の専門ではないので、卵管造影検査ではなく、通水検査しか扱っていませんでした。
ただ、この通水検査で問題があれば提携の総合病院での再検査になるとのことだったので、まずは通水検査をしてみようと思ったわけです。

スポンサーリンク

通水検査って?

簡単に言うと、卵管がちゃんと通ってるか、詰まりがないかを確認する検査です。
検査は内診台で行われ、子宮内にカテーテルを入れて生理食塩水を流し、卵管の通り具合を調べます。検査はいつでもできるわけではなく、生理直後と決まってるようです。

卵管がなぜ重要なのか?
妊娠の仕組みは、精子と卵子が出会って受精することから始まりますが、排卵した卵子は卵管にいます。
この卵管が閉塞していると、そもそも精子と出会うことができないのです。そうすると、タイミング法や人工授精での妊娠は難しくなります。

多くのクリニックでは他の検査との兼ね合いや一連の流れがあると思いますので、この卵管の検査を提案された方はぜひ勇気を出して受けてくださいね。

痛みは?

ご存知の通り、卵管造影検査も通水検査も、痛みがあることで有名です。
検査前に色んなレポを見ましたけど、痛いという意見がとても多いし、実際に主治医にも痛みがあると説明されました。

結論から言うと…

痛かった。。。。。
血の気が引きました…。

痛いポイントは個人差があると思うのですが、私は水を流す時は痛くなかったのですが、それまでの準備段階がかなり痛かったです。
なので、痛い!ってなってグッと耐えていたら、「それでは今から始めます」って言われて絶望的な気持ちになりました。笑
水を流す時はなんだか変な感覚はありましたが痛みはなく、あっという間に終わりました。全部で10分弱くらいだと思います。

私はありがたいことに、詰まりもなく、良好でした。その場で教えてもらえました。
終わってから、前段階がかなり痛かったです、と主治医に伝えたところ、「マールママさんは子宮口がかなり狭いから正直やりにくかったけど、子宮口の狭さと妊娠は関係ないし、結果は問題なしだから安心してね」とのことでした。たしかになんだか手こずってるような気配がありました。

検査後は?

通水検査や卵管造影検査のあとは軽い詰まりは解消され、妊娠しやすい期間が半年くらい続くと言われています。

私の場合は・・・
なんと、この周期で妊娠しましたーーーーーーー!これは本当に嬉しかったです。痛みに耐えて良かった。

卵管造影検査は、子宮のかたち、卵管の通過状態、卵管周囲や骨盤内の癒着の状態など、しっかりと検査することが出来ますが、通水検査はどちらかというと、治療の目的でもやったりするようですので、もし気になってる方はお近くのクリニックへお問い合わせくださいね。

 

私のイチオシの葉酸サプリです↓



スポンサーリンク