帝王切開後の日記を公開します

マールの秘密基地へようこそ!

低置胎盤のため帝王切開で出産したマールママですが、帝王切開が決まってからたくさんの出産レポブログを読みました。数々の出産レポを読んでて怖くなったこともありましたけど、参考になることも多くて助かりました。

私自身も日記を書いてたので、今回はそれをご紹介します。
かなり読みにくいですが、ほぼ手を加えずにそのまま公開します。

非常にリアルです。笑

スポンサーリンク

一日目

※術後は身動きできないので、書いたのは三日目です。

14:00に我が子誕生。マジで泣けた。この感動はなんとも言いがたい。ツーショットで写真を撮ってもらい、赤ちゃんはNICUで一泊。問題なければ明日から母子同室。さて、私はお腹を閉じてもらう。この時に麻酔で意識を飛ばすことも出来ると言われたが、私はそのまま意識ありを選んだ。全然耐えられるけど、寝たほうが良かったかな。1時間くらいかかる。けど、処置が終わって病室に戻る時に家族と話すことが出来たので、起きててよかったかも。

病室に着いた。もちろん寝たきり。てか、動けない。麻酔がまだ効いてる&背中のチューブから痛み止めを注入してるので、手術による痛みはほぼなし。が、この後、手術の影響で高熱が出た。しんどい。けど、明日の朝まで水が飲めない。これは地味に辛い。のどカラカラ。食事はなくていいけど、マジで水欲しい。体勢を自分で変えることも出来ないので、自己申告。暇だけど体力消耗してるからウトウトは出来る。おしっこは管が入ってるから勝手に出てるのだろう。家族との会話もしんどく、一人でぐったりした。看護師さんはこまめに来てくれて心強い。赤ちゃんはNICUなので今夜は一人で寝る。

二日目

※術後は身動きできないので、書いたのは三日目です。

夜中は何度も目が覚めた。朝7時前に看護師さんがやってきた。手術の痛みはほぼない。痛み止めがよく効いている。
念願の水を飲んで、さっそく歩行練習。いやいや、たった一日寝てただけだから立てるだろう、と思ってたけど、無理。立ち上がる勇気が出ない。立ったら倒れそうな予感200%。ベッドに座った状態から立ちあがるだけなのに、すごく時間がかかる。そしてなんとか決意して立ち上がったら振らついたのですぐに血圧測られる。上が60くらいですって。低すぎ・・。

しかしまあ、昨日までスタスタ歩いてたわけだから、慣れたら早かった。フラフラだけど。それよりなにより、点滴(両腕&手の甲)の不快感や熱のしんどさあり。なので、事前に用意した分の麦茶を早々に飲みきってしまい、同じ階の自販機へ向かうことにした。まだ午前中だから家族の面会までとても待てないから、頑張って歩く。けなげすぎる。すれ違った看護師さんにも、元気だねぇと言われた。元気なわけない。麦茶がなんとしても飲みたいだけだ。

先ほどおしっこの管は取れたので、自力でトイレにも行く。これもまたツライ。両腕と手の甲に点滴、背中には痛み止めの管が入ってて、歩くときはそれを首からぶら下げる。ちょっと意味わかんないと思うけど、とにかく色んなものをぶら下げて、首からもぶら下げて歩く。けなげで泣ける。
結構がっつりめのお昼ご飯が運ばれてきたけど、まったく食欲なし。だが、がんばって少しは食べた。

そしてついに赤ちゃんがやってきたよーーーーー。授乳とかおむつの替え方とか教えてもらう。すべてが初めて。授乳とか、これ、飲んでるの?って感じだったけど、本当に吸ってる時の痛さを知って、ちゃんとくわえてるかくわえられてないかの判断はすぐわかるようになった。乳首取れそう・・。おっぱいマッサージ、やっておけばよかった。いや、やってても痛いだろうな、これ。おむつ替えと授乳で一日が終わる。赤ちゃんのお世話の時は痛みを忘れるから不思議。合間に自分のトイレに行くのは相当しんどい。

三日目

二日目の夜に背中の痛み止めが終わった途端に痛くなった。お腹が猛烈に張ってるような痛み。右向きから左向きに寝返りしようとしても、2分はかかる。そして寝返りした体勢がさらに辛ければまた元に戻る。普段なら寝相を変えるのなんて1秒で済むが、数分かかる。

そんなこんなでまったく眠れず。合間に授乳とおむつ替えもやるが、この時だけは痛みを忘れる。翌朝に全ての点滴や管が抜かれ、身軽になれたのが救い。

寝てても痛いが、起き上がる瞬間がとにかく痛い。そしてベッドから降りる時も痛い。ガス&お通じがない事によるお腹の張りも地味に辛い。授乳によるおっぱいの痛みもなかなか。

でも、赤ちゃんは本当にかわいい。ありえないくらいかわいい。友達が会いに来てくれた。大好きな友人とのおしゃべりも、15分もするとしんどくなってきた。

四日目~六日目

痛い。痛くてもカロナールしか貰えず、まったく効かない。朝、ベッドから降りる瞬間がまじ痛い。前かがみで歩く。それにしても我が子、マジかわいい。沐浴後とか、湯上り美人すぎて震える。かわいい。

退院日

いよいよ退院だ。母親が東京からやってきた。しばらくはこっちで生活してもらう。よろしくね。それにしても、まだまだ痛いぞ。この身体で退院するのか…。しかしまあ、確実に和らいできてはきている。みなさん、本当にお世話になりました。看護師さんのサポートがなくなるの、不安だなぁ。

退院後

赤ちゃんのお世話で精一杯で、気付けば痛くなくなってた。

 

以上



 

こんな感じで、赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱいで途中から文字数がかなり減ったのもまたリアルです。笑

一日目と二日目はリアルタイムではとても書けないので、三日目にまとめて書きました
痛みや赤ちゃんとの同室でまったく寝れず、夜な夜なメモしてました。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

大切なことを一つ。出産内祝いは、産まれてからではとても手が回りません。
妊娠中にある程度決めておいたほうがいいです!
「たまひよの内祝い」は、定期的に送料無料のキャンペーンをしているので、すごくオススメです!
我が家の内祝いは全品たまひよで選びましたよ。
COACHのグラスが手頃なのに素敵で友人から大好評でした。

→先輩ママたちの声から生まれたオリジナル商品がいっぱい「たまひよSHOP」

 

 

スポンサーリンク